ホーム > 財布、カメラ小物、PC・スマホ用品 > ARTISAN OBSCURA ウッドレリーズボタン/ウッドシューカバー
ARTISAN OBSCURA ウッドレリーズボタン/ウッドシューカバー

ARTISAN OBSCURA ウッドレリーズボタン/ウッドシューカバー

【写真を撮りたい気持ちが沸き上がってくるアイテムを作りたい】

コロラド州デンバーで、ウェディングフォトグラファーのプレストン・アタリーと木工職人のスティーブ・スタントンが立ち上げたカメラアクセサリーメーカー「ARTISAN OBSCURA(アルティザン・オブスキュラ)」。(以下、AO)

彼らは、「木を素材にして、温かみがあって写真が撮りたくなるようなカメラアクセサリーが作れたら楽しいよね!」というビジョンで意気投合し創業。以来、さまざまな製品を生み出し、いまやそのファンは世界中に広がりを見せています。





そんな彼らの代表的な作品である「ウッドレリーズボタン」と「ウッドシューカバー」を、ユリシーズが日本で初めて取り扱うことになりました。

「僕達がやりたいのは、カメラにAOの製品をつけることでカメラマンのテンションが上がって、『もっと写真を撮りたい!』と思ってもらうこと。つまり、カメラマンにカメラマンとしていてもらうことなんだ」
プレストンはそう語ります。



遠く離れた海の向こうで、ユリシーズと非常によく似た理念のもとに活動しているメーカーが他にもあったことに、驚きと親近感を覚えました。

木のレリーズボタンやホットシューをつけると、真面目なカメラがいつもよりほんの少し柔らかい表情になり、つい外に連れ出したくなります。



(注:レリーズボタンとシューカバーは、個別の販売です。セットではございませんので、ご注意下さい。)


【ウッドレリーズボタンのカラーと形状の違い】

ウッドレリーズボタンには、縁が高く中央が凹んだタイプ(凹型)と、縁が薄く中央がふくらんだタイプ(凸型)とがあります。どちらも直径は11㎜です。

凹型は指の腹が凹みに収まるので心地よく押しやすい一方、凸型は横から見た時に薄く見えるのですっきりした印象になります。
(シール式は凹型のみ)

【取付方法は2タイプ】

カメラへの取付方法は、「ねじ込み式」と「シール式」の二種類がございます。
ねじ込み式は、シャッターボタンの中央にネジ穴があるカメラにご使用になれます。
シール式は、ネジ穴がないタイプのカメラのために、粘着テープを使用して貼り付けるタイプです。(かなり強力に接着しますが、ゆっくりはがせばきれいに剥離できます。)

なお、シール式は凹型のみとなります。

【ねじ込み式ボタンに対応するカメラ】

【ねじ込み式ボタンに対応するカメラ(比較的あたらしい機種)の一例】

ライカ  M型ライカシリーズ
ニコン  Df
ソニー  RX1、RX1RII (RX1Rは不可)
富士フイルム  X-Proシリーズ、X100シリーズ、X-S1、X-E1、X-E2、X10、X20、X30
コシナ  BESSAシリーズ

その他、フィルムカメラ各種

【ウッドシューカバーについて】

ウッドシューカバーは、ウッドレリーズボタンとお揃いのデザインです。汎用で、広い範囲のカメラにご使用いただけます。
ただし、旧ミノルタや現ソニーに見られるような、形状が特殊なホットシューにはご使用いただけません。

【使用例1】

シルバーボディーに、ブラックのシューカバーとレリーズボタンをあつらえてみました。モノトーンで大人っぽい雰囲気にまとまります。

【使用例2】

ブラックペイントのライカに、ウッディなレンボー柄をセットで装着。ナチュラルで温かみのある印象になりました。

【使用例3】

LUMIX LX100に、シール式のウッドレリーズボタンを貼り付けました。かなりしっかり接着されます。
剥がす際には、ゆっくりと剥離して下さい。

【天然木なので、一つ一つに個性があります】

シューカバーは非常に小さなパーツなので、同じ種類の木であっても、切り出す部位によって一つ一つ風合いが異なります。唯一無二の個性をお楽しみ下さい。
(例 : 画像はすべてブラッドウッドです)

【シール式が適したカメラ】

シール式のレリーズボタンの場合は、カメラ側のボタンの貼り付け面が「まっ平ら」なものに向いています。

【ウッドシューカバーをソニーのカメラに使用した場合】

ウッドシューカバーをソニーのカメラに使用した場合、写真のように先端部分が干渉し、最後まで押しこむことが出来ませんのでご注意下さい。
【価格一覧】

【価格一覧】

レリーズボタン・ねじ込み式(凸凹共通)
 ・ブラッドウッド、アイアンウッド 4200円+税
 ・それ以外 4700円+税

レリーズボタン・シール式
 ・ブラッドウッド 3700円+税
 ・それ以外 4200円+税

シューカバー
 ・ブラッドウッド 3700円+税
 ・それ以外 4200円+税
商品名 ARTISAN OBSCURA ウッドレリーズボタン/ウッドシューカバー
商品コード cg-hs-bw~cg-s-ir
税込価格 3,996~5,076 円 ( 37~47 pt )
配送方法 ・宅急便
備考 送料/返品等についてはこちらをご覧ください。
※製品の仕様は改良のため予告無く変更する場合があります。
表示されない選択肢は欠品中です。
レリーズボタンのタイプ or シューカバー
木の種類とデザイン
個数

この商品を見た人はこんな商品も見ています

カスタマーレビュー

新規コメントを書き込む
注:レビューご投稿に対するポイント進呈は、会員様限定のサービスとなっています。
注:正規品以外の品物(アウトレット品等)については、掲載やポイント進呈の対象外となります。
  • ★★★★★    X-T10とシューカバー

    ブラックのX100Tに取り付けようと、シューカバー(アイボリーウッド/チェック)を購入しました。X100Tにも合いますが、試しに手持ちのX-T10(ブラック)につけてみると、意外によくマッチします。ペンタ部の直線的な形とチェック模様がなじむのかもしれません。一度で二度おいしい買い物になりました。

    (投稿者:ボストニアン)

  • ★★★★    LX100用にウッドレリーズボタン

    貼り付けタイプを購入しました。
    指触りも良く、シャッターも押しやすくなりました。

    (投稿者:coba)

  • ★★★★★    シャッターを「押した感」が感じられる一品です。

    RX100 mk5用で購入しました。

    以前は他メーカーさんのレリーズボタンを使っていましたが今回初めてウッドレリーズボタンを購入しました。

    凹んだタイプなのでどんな押し感になるか楽しみでしたがイメージ通りストローク感が出て通常の状態よりもとても使いやすくなりました。

    エボニー/ブラックを選びましたがカメラの黒ボディとマッチしてかっこよくなりました。

    (投稿者:かいと)

  • ★★★★★    驚きのマッチング

    FUJIFILM X-Pro2にクラシコ・ドリットとボディスーツを着け大満足なのですが、ウッドシューカバーはどうかな?と、かなり悩んだあげく買いました。
    結果、悩む必要まったくなかったです。
    ブラックボディにアイボリーウッド/チェックのシューカバーは意外や意外!格好よく決まりますね。
    次はウッドレリーズボタンも注文しようと思います。

    (投稿者:Eunos500)

  •     実用的ではない

    ウッドレリーズのねじ込みタイプを購入。
    予め店の方からは緩むことはあると注意されていたことなので、責任は私にあることを断った上で、書きたい。
    X-pro2に使用し、ストラップを首からかけた状態で旅行。一週間持たずに紛失した。常にシャッターから抜け落ちないか、気をつかっていたが、やはり一時間程、手を離した間に、服などにこすれながら、徐々に緩んだものと思われる。デザインは申し分ないし、実際にシャッターフィーリングも上がる。しかし、これほど気をつかわなければならないようでは、撮影への集中力をあげる道具としては問題があると言わざるを得ない。カメラは愛でる物でもあるから、飾る部品としての役割は否定しないが、三〇年以上の撮影歴で最も残念な商品の一つとなった。

    (投稿者:kojizaru)

  • ★★★    木製とは思えない丁寧な造り

    この度、レリーズボタンのレインボー凹を頂きました。写真の腕はともかく、見た目重視の自分はライカM6LHSAへ早速装着。『眺めれば眺める程に美しく納得!』さて、実際に使ってみた感想ですが凹が指の腹に収まり手ブレしにくくてナイス!と思いフィルムを巻き上げると木製ボタンがクルクル回りながら外れそうになる。もう一度シャッターを切れば更にもう一度、クルクル回る。一枚、シャッターを切る度に木製レリーズボタンを意識しながら右側へ回さなければならないのが残念・・・。
    では、ハッセル・ブラッドへ付ければどうだと思い自分のレンズはCFE80㎜ 。Cタイプ等より大きなリングにスレかけながらも何とか使用可能。造りは良いのですがネジ込みが浅い為かハードに使用するタイプの方にはイライラするかと。

    (投稿者:black&white)

  • ★★★★★    もうプラスチックのシューカバーには戻れません!

    自分の場合、基本ホットシューを使わないのでつけっぱなしを想定しての購入です。
    ※頻繁に付け外しする人にはあまりオススメできないかもです。

    ブラッドウッドのシューカバーを真っ黒なカメラに装着してます。
    つけるまでは、一箇所だけ唐突に木が嵌めこまれて見栄えどうかな?
    っとは思いましたが、いざつけて驚きの完成度!
    無機質な中に一点の温かみがあり、写真撮影中にも意味もなく触りたくなります(笑)
    質感的にも見ためもとっても素晴らしいです。

    また、ページの製品写真だとわかりにくいのですが、
    シューカバーの黒い部分が横から見るとアーチ状になっています。
    この形状が、嵌める時にカメラに付加をかけず、なおかつ簡単にずれ落ちたりしないよういい塩梅で装着できるように設計されているのに感動しました。

    (投稿者:Ban)

  • ★★★★★    レリーズボタンとホットシューカバー購入

    レリーズボタンとホットシューカバーを購入しました。どちらもブラッドウッドです。ブラッドウッドは落ち着いた濃いめの茶色で、小さい製品ながらも造りは精巧で、Leica MPにつけていますが、ホットシューにもピッタリで不意に外れることはないくらいジャストフィットしています。とてもいい製品です。

    (投稿者:Ulyssesファン)

  • ★★★★★    待ってました!

    InstagramでArtisan Obscuraの製品を知ってからすごく欲しくて個人輸入も考えてましたがUlyssesが国内販売をするというニュースを見て以来楽しみに待ってました。販売開始とともにすぐに購入して今朝届きました。レリーズボタンのカラーはブラッドウッドです。作りは丁寧な作りです。Leica M-P(type240)につけました。ネジ切りは一般的なレリーズボタンと同じで先端が細くて根元に行くにつれ太くなってるので、カメラ側のネジ穴に刺して硬くなるところで止まる仕組みです。レリーズボタンのこの硬くなるとこまで回して止まる仕組みは、一般的なものですが、過去にいろんなメーカーのレリーズボタンを使っていて、ふとした時に緩んで気がついたら無くしてる事が何度かあるので、個人的にはそのカメラごとにネジ穴に完全にフィットしてそうそう緩まないものがあればいいなぁと思いますが、そうするとメーカーとしても汎用性の問題で在庫管理が大変なんだろうと思うので、どのカメラにも合うようにこういった仕組みなんだろうと思われます。まぁ、硬く閉めればどのレリーズボタンも簡単には緩まないと思いますが。まぁ、つまり、ネジ切り部分は一般的なレリーズボタンと同じです。木製の部分はなめらかで、シャッターフィーリングは心地よいです。なにより、カメラに木製の部品が付くことで、温かみがでます。Ulyssesのボディスーツも付けてるので、革のボディとの組み合わせが素敵です。とても気に入ってるのでこのレリーズボタンは無くさないよう気をつけたいです。

    (投稿者:ストリートスナッパー)

3 月 の 店 休 日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
PAGE TOP

^