ホーム > 財布、カメラ小物、PC・スマホ用品 > キーホルダー オット(otto)
キーホルダー オット(otto)

キーホルダー オット(otto)

『不便なくらい何もないキーホルダー』
 
ユリシーズがレザーキーケースを企画していた2017初頭。参考のため、近しい人々に
「どんなキーケースが欲しい?」
とヒアリングを行ったところ、帰ってきた返事で最も多かったのは、
「キーケースよりむしろ、気の利いたキーホルダーが欲しい」
という声でした。
 
ただの丸いリングやカラビナでは、用は足せても味気ない。
さりとて、凝った装飾や便利さを求めているわけでもない。
 
この反応は、さほど意外ではありませんでした。
なぜなら私たちもまた、しっくりくるキーホルダーが無いと感じていたからです。
 
ではそもそも、「気の利いた」って、なんだろう?
 
機能や要素を、不便の一歩手前、ギリギリまで減らした、控えめな佇まい。
それでいて、用もないのに指先で遊びたくなる、柔らかなかたちと触感。
 
欲しかったのは、そんな「シンプルで心地よいキーホルダー」でした。

指を通す輪と、キーを吊るす輪。
ただそれだけで構成された、8の字のキーホルダー「OTTO(オット)」をお届けします。
(OTTO・・・イタリア語の「8」)



写真1, 2: キーホルダー オット 真鍮 (真鍮製リング付き)
写真3: 左から、キーホルダー オット 真鍮 (鉄製リング付き)、キーホルダー オット 真鍮 (真鍮製リング付き)、キーホルダー オット 925シルバー (ステンレス製リング付き)、キーホルダー オット 赤銅 (リン青銅製リング付き)

 
 

【重くも、軽くもない、重さ。】

オットは、融かした真鍮を鋳型に流し込んで作られています。小さいけれど、手のひらの中で確かな存在感を感じることが出来る、そんな重さに仕上げました。

【キーは5本まで下げられます。】

オット本体の材質と雰囲気に合わせて作ったオリジナル真鍮製のリング、または鉄製のリングを、初期状態で5本装着してあります。
余った場合も、そのまま予備として付けておくことをおすすめします。
 
(真鍮リングの強度は必要十分ですが、柔らかい素材であるため、無理に広げると隙間が空きます。キーの取り付けの際には、広げ過ぎにご注意下さい。)

※写真は、真鍮製リング5本が装着されている状態です。

【風合いを重視し、研磨していません。】

通常、金属製品は表面の「荒れ」を整えるため、バレル研磨という工程を経てピカピカに磨き上げられますが、オットは真鍮の素朴な味わいを活かすため、あえて鋳型から出てきたままの姿にしてあります。
そのため、溶けた真鍮が固まる時に出来る色ムラや、小さなバリなどが無数にあります。ふたつと同じものがありません。

【経年変化を楽しめます】

使い始めると、次第にツヤが消え、くすんだ風合いに変化します。真鍮独特の経年変化を楽しめます。

(右は新品、左は一週間使用)

【3つの素材】

素材の異なる3つのバリエーションをご用意しました。
左より、「真鍮」 「925シルバー」 「赤銅」 です。

【リングの着脱はここから】

小さい方の円の一部に、厚みが薄くなっているところがあります。リングを着脱する際には、この部分から行って下さい。
また、装着するときより外すときのほうがリングが広がりやすい構造となっているため、付けられているリングは極力外さないよう、ご注意下さい。

分厚いカギやパーツを入れると、隙間が開いたままで戻らなくなります。オットの真鍮モデルには、デザイン的な相性と風合いを重視して真鍮リングを選択しているため、真鍮素材の持つ特性としてご理解下さい。

なお、専用の真鍮二重リングは、追加購入可能です。

【レザーコードと相性抜群】

別売りの「レザーコード」につなげば、ポケットから取り出す時や、カバンの中から見つける時、とてもスムースです。カギが迷子になりません。

【すぐれものオプション】

キーリリースをつけると、頻繁に取り外す必要のある鍵を持っているとき、格段に便利です。

【真鍮タイプは、付属のリングを二種類から選択できます】

本体が真鍮タイプの場合は、付属の二重リングは真鍮製リング(写真左) もしくは鉄製リング(写真右)からお選びいただけます。

真鍮製リングは、その名の通り本体のオットと同じ真鍮で作られており、質感や色合いなどに統一感があります。ただし、素材の性質上やわらかく、広げすぎると開いたままになってしまいやすいため、取り付けに注意が必要です。このため標準の5本に加えて、さらに2本を予備でお付けしています。
直径は17mm、内径は14mmです。

鉄製リングは、色や質感が本体のオットとは異なりますが、真鍮製リングよりも硬く(復元性が高く)、真鍮製リングのように開いたままになりにくいため、取り付けがしやすいメリットがあります。
直径は20mm、内径は17.5mmです。※真鍮製よりもサイズが大きいです

それぞれ単品での追加購入も可能です。

【単品販売】真鍮製二重リング
【単品販売】鉄製二重リング


本体が赤銅タイプは、リン青銅製の二重リングが5本付属します。
本体が925シルバータイプは、ステンレス製二重リングが5本付属します。
こちらもそれぞれ単品での追加購入が可能です。

【単品販売】リン青銅製二重リング
【単品販売】ステンレス製二重リング

主な仕様

主な仕様

素材:金属
生産:日本製/ハンドメイド
サイズ:W30×H55×D5mm
(大きな円の内径約22mm、小さな円の内径約18mm)
重量:約25g

【価格】
真鍮 2,700円+税
赤銅 2,700円+税
925シルバー 12,000円+税
ポスト便
商品名 キーホルダー オット(otto)
商品コード z-kh-otto-brs-brs7~z-kh-otto-slv-stls5
税込価格 2,916~12,960 円 ( 27~120 pt )
発送目安 3営業日以内(最短で11月19日)に出荷
注:銀行振込未入金を除きます
配送方法 ・宅急便
ポスト便(1個あたりのポスト便スコア:7)
備考 送料/返品等についてはこちらをご覧ください。
※製品の仕様は改良のため予告無く変更する場合があります。
オット 本体とリングの種類
個数

この商品を見た人はこんな商品も見ています

カスタマーレビュー

新規コメントを書き込む
注:レビューご投稿に対するポイント進呈は、会員様限定のサービスとなっています。
注:正規品以外の品物(アウトレット品等)については、掲載やポイント進呈の対象外となります。
  • ★★★★    赤銅がお気に入り

    先日、このページを見てどうしても欲しくなりこの色を購入。さらにキーリリースをつけてお気に入りとなりました。できれば、キーリリースにも赤銅があれば!と思いました。毎日ポケットに入れて使用しています。

    (投稿者:リトルジャマーおやじ)

  • ★★★★★    ぅ~ん・・・いい!

    最初はストラップだけの購入だったんですよ。そのつもりでした。だけど、欲しくなっちゃうんですよね。やはり、良いモノってのはWEB見てても感じるんです。何の変哲もないただの8の字のリング。しかも素材は無垢の赤銅と真鍮、925シルバー。どれもコーティング無しの経年変化付き!^^ 真鍮は柔らかいためリングが広がりやすい、シルバーはお値段が^^; てな感じで赤銅を購入。使用から3日目で変化が始まり、今では立派な10円玉色!こういうのを敢えて探してたわけじゃないけど、偶然に見つけたのが幸い♪でした。今では味わい深い風合いの逸品となっております。

    (投稿者:あにい)

  • ★★★★★    不便なくらい何もないキーホルダー

    “不便なくらい何もないキーホルダー”だけど、そこに心を奪われました。ottoちゃんの紹介ページの写真を見た瞬間、妥協せずに探したことが嬉しくなり、探し続けた私自身を誇らしく感じました!!
    以下は、ottoちゃんを手にした時の私の備忘録より。

    新車になり、キーホルダーなど探していたけれど、しっくりしたものが見つからない。それでも諦めず探し続けていたら、 見つけた~。キミに出会うために、2週間近く探し続け、妥協しなくて、本当に良かったな。作り手の想いにも、共感というか、代弁してあり、嬉しくなる。

    (投稿者:ゆうこ♪)

  • ★★★★★    シルバーも良い

    真鍮製を使っていましたが、ついついゆびでクルクル回したくなる形がお気に入りで、真鍮独特のエイジングを楽しんでいたところ、いつの間にか、大好きなシルバー製が発売されていていたので、即買いしてしまいました。
    シルバーも真鍮製同様、エイジングを楽しんで使いたいと思っています。

    (投稿者:Kenny)

  • ★★★★★    シンプル

    使用してまだ1週間ですが、少し味が加わってきました。シンプルなだけに渋い大人っぽさがあります。
    車のスマートキーが、文字通りもう少しスマートだったらもっと似合うのにと思っております。

    (投稿者:D氏)

  • ★★★★★    一生物!

    キーケースではなく、キーホルダーを探しているようなら、間違いなくおすすめの逸品です。
    ポケットの中でも邪魔にならず、無くし難い絶妙なサイズ感。
    眺めて良し、触れて良しのなめらかな形状。
    経年変化も楽しめ、シンプル故に頑丈で飽きの来ない一生物だと思います。

    (投稿者:ばぶるす)

  • ★★★★    親切でした

    モノも良かったですが、対応が親切で心がこもっている感じを受け、とても気持ちよく買い物ができました。
    このキーホルダーを腰のあたりで見せたいので、真鍮と牛革でベルトのホルダーも作ってくれたら嬉しいです。
    梱包も可愛く、男の人にプレゼントしたらまず喜ばれると思います。おススメです。

    (投稿者:カエル)

  • ★★★★★    山椒は小粒でもぴりりと辛い

    先日愛用のキーホルダー一色を紛失、失意の中代わりのモノを物色中これに遭遇。
    無意識にポチッってしていました。(笑)

    実際に手に取ると想像以上の軽さと大きさに驚きましたが、こだわり満載で口元が緩みます。真鍮の二重リングは素晴らしい!

    乗り換えた新しいバイクのキーを早速付けて気分も一新。

    もう一回り大きいのと2パターン、素材もステンレスやチタンでの販売も良いかもしれませんね。今後の展開が楽しみです。


    (投稿者:煩悩)

  • ★★★★★    自分の使用のしかたならかなり便利!

    初めてサイトで見た時に一目惚れしたので、購入しました。

    商品説明に書かれてる通りシンプルなものです。

    元々、自分はポケットに鍵を入れて使ってました。中々オシャレでシンプルなキーケースに出会わなかったが、今回このオットはとてもいいです!

    ベルトなどに付けるならもう一つカラビナなど必要だが、ポケットに入れるだけの使い方の人はとても良いと思います。
    耐久性はまだわからないが、そんなにすぐにはダメになる感じはしないと思います。

    (投稿者:げんいち)

  • ★★★★★    シンプルかつ品のあるキーホルダーです

    最近はキーケースが主力になっているのか、
    なかなか中高年向けのこれはというかキーホルダーが
    見つかりませんでした。
    そのとき雑誌で見かけ購入したのがこのキーホルダーです。
    商品自体は非常にシンプルでかつ上品なものだと思います。
    心配していた真鍮製のリングもレビューを見ていたおかげで
    問題なく使えています。
    これからの質感の経年変化が楽しみです。

    (投稿者:メイクマ)

  • ★★★★    質感がいい

    こちらの商品を初めて買いました。

    雑誌でみてシンプルさが気に入ってすぐ購入。届いて見てみて思った通りの質感で気に入りました。

    キーをリングに付ける時に少し気を使いますが大きさなどもちょうどいいです。

    財布も気になっているところです。

    (投稿者:ヒロシ)

  • ★★★★★    普段使いの小物もユリシーズで

    完全にカメラアクセサリーでないものをユリシーズで買うのは、財布に続き2つ目になります。

    今まではスノーピークの革と樹脂製のキーホルダーを使っており、十分に実用的かつ落ち着いた雰囲気でありましたが、それ以上の雰囲気のよさをこのキーホルダーに感じ購入しました。

    既に一と月ほど使っていますが、色合いも褪せて渋くなり、鍵に負けない存在感がいや増し、持っている満足感も強いです。
    実用としても十分なのですが、物として良質であるがゆえに逆にオプションを付けて何かしら強化してやりたくなる気持ちが湧いており、レザーコードを買い足すかも知れません。


    ただ、前のレビューにもありましたが、真鍮製のリングは確かに柔らかめで、自分も1つ広げてしまい、いま付いているのは4つです笑
    鍵の取り付けは焦らずゆったりやりましょう。

    (投稿者:ヒルコ)

  • ★★★★    ブラスの風合いと重さが手に心地よい

    金属製のキーホルダーと言えばアルミが定番だが柔らかくてキズが付きやすく軽すぎて心許ない。「OTTO」は真鍮製でほどよい重さがあり、新品の時はピカピカすぎたが、すぐにくすんだ風合いになった。

    キーホルダーのリングのサイズも指を入れるのにちょうどいい。難を言えばキーを取り付ける真鍮リングがあまりにも柔らかく、1個広げてダメにしてしまった。予備が販売されているのは親切だと思うが、真鍮でなくてもいいので、同じような色でもう少し固い素材のリングも別売に加えていただけると有り難い。「OTTO」自体は一生モノになってくれそうなオーラを放っている。

    (投稿者:ゴン川野

11 月 の 店 休 日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
PAGE TOP

^