ULYSSES®製品の革について


ユリシーズ製品に使われているイタリア産の革は、イタリア中部・トスカーナ地方の老舗タンナーが 少量生産する、貴重な"フル"ベジタブルタンニンなめしのバケッタレザーです。(※一部製品を除く) 良質の革がもつ素晴らしい肌触りと高級感を体感してください。
 

色味の違いについて

化学薬品を使うことで色味や柔らかさを安定させる「クロームなめし」の革と異なり、天然成分を使って古い手法で作られる「ベジタブルタンニンなめし」の革には、ロットごと(革の生産のたび)に濃淡や色乗りに差が出ることがあります。
原材料である革の仕入れ時期によって変わるため、商品1つ1つの個体差というよりも、ある時期に生産した在庫はすべて濃く、別の時期に生産した在庫はすべて薄い、といった差が発生しやすい傾向にあります。
 

革の色の経年変化(エイジング)について

弊社製品で採用されている革のほとんど(一部を除く)は、「ベジタブルタンニンなめし」加工によってつくられています。そのため、使い込むほどにエイジング(革の色調の経年変化)を楽しむことができます。お買い上げ時点の色から徐々に深みのある色へと変化していきますので、「革を育てる」感覚で可愛がってください。

特殊な経年変化(エイジング)の例

青系や緑系の革はエイジングの進みが早いですが、中でもオルテンシアは特にエイジングが早く進みます。青や青緑から濃緑色に変化し、最終的には黒に近くなります。他の色では見られない、唯一の特殊な育ち方です。


ネイビーは新品の状態だと少しグレーが混ざったようなダークな色合いになっています。エイジングが進むと、青みが抜けて、グレーや茶色が強くなっていきます。


グリージオは新品の状態では、一見すると薄めの緑、よく見るとグレーが混ざったような色合いになっています。エイジングが進むと、茶色(または枯れ葉色)が強くなって別の色に変わります。

その他のカラーの経年変化(エイジング)
黒系や茶系の革は、基本的に色がそのまま濃くなったり艶が出る程度で、上の例のような色自体が変わるような大きな変化はありません。
 

革の柄の個体差について

天然皮革のため1品1品革の表情が異なります。 この世に同じものが2つとない、あなただけのアイテム。大切にご愛用ください。 ※右は「クラシコ・グランデ」の裏面の革の表情。 ひとつひとつ革の表情が違います。

 
 
 

革のお手入れについて

イタリア製バケッタレザーの場合は、オイル成分を豊富に含んでおりますので、一般的な革製品と違い、ミンクオイル等での定期的なメンテナンスはほとんど必要ありません。手で触り、よくお使いいただく事で馴染みが良くなり、風合いが増します。

 
 
 

革製品ご使用上の注意

「ベジタブルタンニンなめし」のレザーは染料を使った染色のため、汗や雨に濡れると洋服に色移りする場合があります。十分にご注意下さい。(革の表・裏とも)

 
 
 

数多くの雑誌でご紹介いただいております。