レザーストラップ 70%グランデ
cs-70gd

9,350円(税込)

商品カラー・サイズ
購入数

70%グランデは、最大幅42mmの首あてを持つ「クラシコ・グランデ」と、細身でストレートなフォルムを備えた17mm幅のストラップ「クラシコ」の間に位置する、フルレザーのストラップです。


従来の一眼レフより一回り軽量小型のミラーレス一眼が普及するにつれ、「クラシコでは少し細いけれど、クラシコ・グランデでは太すぎる」という声を多く頂くようになったため、その中間にあたる30mm幅の首あてを備えたモデルとして生まれました。

現代のカメラストラップは、化学繊維やナイロンテープを使用することが一般的になりましたが、今からほんの30年ほど前までは、革ストラップは珍しいものではありませんでした。ドレスアップではなく、実用品だったのです。

愛着を持って道具と長く付き合いたいと願う、すべてのカメラファンに捧げます。


【クラシコ・グランデ譲りの流線型フォルム】
首当ての幅は、最も太い部分で30mm。太過ぎず・細すぎず、ほどよいフィット感で、首や肩に掛かる重量を効果的に分散します。


【ベジタブルタンニングレザーの両表(りょうおもて)仕立て】
イタリア・トスカーナ地方の老舗タンナーであるバダラッシ・カルロ社が作り出す、フルベジタブルタンニンなめしレザー「プエブロ」と「ミネルバ・ボックス」を、表と裏に使用。
 
繊細なダメージ加工を施されたプエブロと、バタ振り加工で柔軟性とシボ感を出したミネルバ・ボックスを貼り合わせて「両表(りょうおもて)仕立て」にすることにより、柔らかさと強靭さを両立させました。また、コバ(革の切断面)の処理も、一本一本丁寧に手作業で磨き上げています。使い込むことによる経年変化(エイジング)をお楽しみください。


【金属パーツ不使用。カメラを傷つけません】
カシメやメタルバックルなど、金属パーツを一切使用していないので、収納時にラフに巻きつけても、大切なカメラやレンズを傷つけません。


【装着するカメラを選びません】
キヤノンのカメラに代表される、幅10mmの「スリット型アイレット」には、直接取り付けられます。(幅が10mmに満たない場合は取り付けできません)

また、メーカー純正の三角環・もしくは付属の二重環を介することで、ニコン、オリンパス、ペンタックス、ソニー、ライカなどの「丸型アイレット」を備えたカメラにも取り付け可能です。(着脱の際には、リングの開き過ぎによる変形にご注意ください)


【カラーバリエーション】
カラーは、左からピオンボ、ブラック、ネイビー、オルテンシア、チョコレートです。(裏地の革の色はすべてヌメ)

※ピオンボは、赤みのあるグレーです。

※実物は写真の色合いと異なる場合があります※
化学薬品を使うことで色味や柔らかさを安定させる「クロームなめし」の革と異なり、天然成分を使って古い手法で作られる「ベジタブルタンニンなめし」の革には、ロットごとに濃淡や色乗りの差があります。詳細はこちらをご参照下さい。


【革製リングカバーと二重リングが付属】
各ストラップには、同色のリングカバーと二重リングがそれぞれ2個ずつ付属します。


【サイズと目安】
サイズは、MサイズとLサイズをご用意致しました。
70%グランデは、カメラに取り付ける際の折り返し方によって長さを調節できます。

Mサイズ (装着時の有効長 : 77〜110cm)
Lサイズ (装着時の有効長 : 83〜125cm)

デジタルカメラを首から下げてお使いになる場合は、身長に関わらず、Mサイズが使いやすいです。たすき掛けでお使いになる場合は、画像の推奨サイズ表をご参照下さい。

もっと詳しく:ストラップのサイズについて


【生き物らしい特徴があります】
革には、生前の牛にあった擦り傷やシワ、血管の跡などがこざいます。そのひとつひとつが「生きていた証」ですので、風合いとしてお楽しみ下さい。

※写真は「クラシコ」


【革のメンテナンスについて】
この製品にの革にはオイルが多く含まれているため、定期的なメンテナンスがあまり必要ありませんが、もし少し表面が乾燥してきて気になるような場合がございましたら、市販のレザーケア用品をご利用下さい。なお、弊社ではラナパーをおすすめしております。

※写真のストラップは「70%グランデ」

主な仕様
素材:牛革、樹脂
生産:日本製/ハンドメイド
推奨荷重:2.0kg以下
備考:この商品はポスト便には対応していません。