リストストラップ スプートニク
cs-sp4

5,280円(税込)

商品カラー
購入数

コンパクトカメラやミラーレスカメラのための、「締まって落ちない」リストストラップ。ロシア語で旅の道連れを意味するその名前は、1957年に世界で初めて打ち上げられた人工衛星・スプートニクにちなんでいます。衛星が引力という見えないロープで地球と引き合うように、カメラとあなたを繋ぎとめます。


【大切なカメラを、落下のリスクから守ります】
ループ部分が「投げ縄」のように絞まることで、使用者の手首の太さに合わせてジャストフィット。ストラップが腕から抜け落ちるのを防ぎます。
また、ストラップは途中から太くなっているので、必要以上に締まりすぎることもありません。
(画像のように、最初てのひらを上に向けてループに通し、引っ張りながら手首を内側にひねると、スムースに締まります)


【手元がもたつきません】
「投げ縄構造」なので、手元からカメラに伸びるラインは常に一本。さらに、ギリギリまで細身に作ってあるので、非常にしなやかに曲がり、もたつきません。


【太紐で高い耐久性を確保】
バックルの先端は太めの丈夫な紐で、耐久性に優れます。
また、強度を高めるためのリベットにはサビ加工(サビ風のメッキ加工)を施し、味わいのある落ち着いた雰囲気に仕上げてあります。


【コンパクトからミラーレスまで】
大きすぎず小さすぎない「ちょうどいいサイズ」で、コンパクトカメラからミラーレス一眼まで、幅広く対応できます。
(ご注意下さい)本製品は、常時吊り下げたり、繰り返し強い張力がかかる状況での使用を想定しておりません。落下のリスクを軽減するための補助用としてお使い下さい。


【カラーバリエーション】
カラーは、左奥から

・オルテンシア(青緑)
・ラグーナ (水色)
・サンド (ベージュ)
・ピオンボ (赤みのあるグレー)
・ポルポラ (赤黒)
・ブラウン (茶)
・ブラック (黒)

です。

金具は、「錆び加工」を施しておりますが、あくまでも見た目上の加工であり、実際には錆びておりませんのでご安心下さい。

※実物は写真の色合いと異なる場合があります※
化学薬品を使うことで色味や柔らかさを安定させる「クロームなめし」の革と異なり、天然成分を使って古い手法で作られる「ベジタブルタンニンなめし」の革には、ロットごとに濃淡や色乗りの差があります。詳細はこちらをご参照下さい。


【革の部位によって模様はさまざま】
ポルポラに使用されている革「ハバナ」は二度染めのため、黒の染料がどの程度革に乗るかは、素材となる革しだいです。シワの中に線のように濃く入ることもあれば、まだらに乗ることもあります。(写真はハバナの他の色です)
そのため、一本一本、表情が異なります。唯一無二の個性をお楽しみください。


【初代RX100には、そのままではお使い頂けません】
ソニーの初代RX100は大変アイレットが小さいため、セルペンテ標準装備の紐は通すことが出来ません。(RX100M2以降のモデルは問題ありません。)
初代RX100でお使い頂く場合は、別売りの「初代RX100用コネクター(細ひもタイプ)」をご利用下さい。

※初代RX100とは、RX100シリーズのうち最古のモデル「DSC-RX100」を指します。

主な仕様
素材:牛革、樹脂、金属
生産:日本製/ハンドメイド
推奨荷重:700g以下
備考:ポスト便対応商品(1個あたりのポスト便スコア:10)