Lジップウォレット コモド
la-wacmd

14,300円(税込)〜16,500円(税込)

ブライドルレザーBK(__S5-bdbk__)
ブライドルレザーNV・ヌメ(__S5-bdnvnu__)16,500円(税込)
在庫なし
ブライドルレザーNV・ネイビー(__S5-bdnvnv__)16,500円(税込)
在庫なし
グラファイト (__S5-grp__)
商品カラー
購入数

「減らして薄い」ではなく、「減らさずに薄い」。



キャッシュレス時代になり、どんどん小さく、薄くなっていく財布。スリムな財布は、心まで軽くしてくれます。

その一方で、小さくなることと引き換えに中身を減らさなければいけない財布では、困る人もいる。減らしたくても減らせない事だって、あるはず。

また、お札や小銭の出し入れなどで感じる、ミニ財布にありがちな使い心地の悪さは、我慢しなくてもいいのではないか。

そんな疑問から、ユリシーズの「減らさずに小さい財布づくり」がスタートしました。

「COMODO」とは、イタリア語で「心地よい」を意味する言葉。



毎日使う財布だからこそ、ほんの少しのストレスが降り積もらないようにしたい。

例えば、カード14枚 + 硬貨16枚 + お札10枚が、今までの半分の厚みで収まること。



小銭入れが浅く、取り出しやすく見やすいこと。


財布が大きく開き、カードの選択やお札の出し入れがしやすいこと。


ズボンのポケットにスマートに収まること。


たかがLジップ、されどLジップ。


試行錯誤の末にたどり着いた「最も使いやすいカタチ」は、意外にも、オーソドックスな形の財布でした。今まで「Lジップってそんなもの」として見過ごされてきた細かな使い勝手の悪さを、ひとつひとつ丁寧に改善した結果、サブではなく、メインとして使える豊かな収納量を誇るLジップウォレットができました。

カードが14枚入る仕組みは?



COMODOには、カードを個別に入れるポケットがありません。カード用のポケットを設けてカードを入れると、サイフの側面が板のように硬くなってしまい、柔軟性が失われてサイフ本体が膨らまず、収納量が減ってしまうからです。
また、個別のカードポケットを作るには何枚も革を重ねなければならないので、ポケットレスにすることで、そのぶん薄く出来ます。
 
さらに、コインスペースとカードスペースを上下にずらして重なりを避けることで、厚みが一点に集中することを避け、左右あわせて約14枚のカードを収納できるようにしました。

ガバッと開く浅いコインスペース



コインスペースは浅く、宙に浮いた構造で大きく開くため、硬貨の種類をはっきり確認でき、出し入れもしやすい構造になっています。(約16枚収納可能)
こぼれ出そうに見えますが、真横に倒さない限り、こぼれ落ちることはありません。
ファスナーの開閉は、財布を立てた状態で行ってください。

お札がキレイに二つ折りになる



コインスペースを兼ねた中央の仕切りに沿わせる形でお札を入れると、自然と緩く半分に折れるようになっています(約10枚収納可能)。頻繁に使う1000円札を一番手前にすると便利です。
(お札とカードとで左右に分けてもOK)

財布そのものも大きく開く



Wの字型の蛇腹を設けることで、左右に大きく開くことができ、カードやお札の取り出しやすさに貢献しています。

勝手に開かないファスナー



ファスナーには、YKK製のオートマチックスライダーを採用しています。引き手を離すとロックがかかる安心設計のため、知らぬ間にファスナーが開くようなことがありません。

キーやSDカードが入るシークレットポケット



間仕切りの下部には、鍵1本、またはSDカード1枚が入る隠しポケットを設けました。スペアキーや予備のSDカードを入れておくことで「家の鍵を紛失して入れない!」「カメラにSDカードを入れていなかった!」というようなアクシデントに備えられます。

ロゴで裏表を分かりやすく



片面にのみ「ULYSSES」のロゴを刻印することで、裏表を判別できるようにしています。Suicaなどの交通系カードを改札でタッチさせる時に便利です。

カラーバリエーション1



左から順にグラファイト、ブライドルレザーBKです。

カラーバリエーション2



左から順にブライドルレザーNV・ヌメ、ブライドルレザーNV・ネイビーです。
外側の革は同じネイビーで、蛇腹部分の色がヌメかネイビーかの違いになります。

革の色合い・風合いには差があります


実物は写真の色合いと異なる場合があります。また材料である革の仕入れ時期や個体差により、シワ、シボ、色味、黒点の有無など、風合いが異なる場合があります。
詳細は「ULYSSES製品の革について」をご参照下さい。

ブライドルレザーの特徴


ブライドルレザー001
「ブライドルレザーBK」と「ブライドルレザーNV」には、イギリスの老舗タンナー「セドウィック社」のブライドルレザーを使用しています。セドウィックに寄せられているブライドルレザーのバックオーダーは数万枚と言われるほどの人気の革です。

ブライドル002
ブライドルレザーには白く浮いたロウの結晶(ブルーム)があり、革好きの心を鷲掴みにします。ブルームは一週間ほどの使用できれいになくなり、革の表面が見えてまいります。

なお、ロウの乗りは、使用している革のごと(財布1個単位の個体差ではありません)に異なりますので、あらかじめご了承下さいませ。この写真でぽつぽつと見えている白い点は、結晶化したロウです。


斜めに走っている白い線は、傷ではなくロウの塊です。

違う角度から見ると、そこだけ盛り上がっているのが分かります。ロウですので、使っているうちに消えていきます。(爪などでこすっても取れますが、傷になる可能性があるので、自然に取れていくのを待ったほうがいいです)


主な仕様
素材:牛革、綿、PE、樹脂、金属
生産:日本製/ハンドメイド
サイズ:W95×H123×D13mm(何も入れていない状態の時)
重量:約62g
備考:この商品はポスト便には対応していません。

 

カスタマーレビュー

  • ヒルコ
  • 2021/01/10 13:17:31
3代目にブライドルレザーを
コモドの購入は、実はこれで3つ目です。
最初にナチュラルを買い、十分に満足していましたが、上質な雰囲気だけでなく機能的にも使い勝手のよい一生ものと感じたため、別の色も試したくなってオルテンシアを追加購入しました。この2つを気分で中身を入れ替えてそれぞれ使っていましたが、自分の財布を壊してしまった家人にオルテンシアを譲ったことで、更に気になっていたブライドルレザーを買うきっかけが出来てしまいました。
色はネイビー(蛇腹部分も)とし、クリスマスのタイミングで注文し使っています。エイジングはまだまだこれからで、どのように味わいが変化してゆくか楽しみです。
一点、ブライドルレザーでの鳩目の省略は確かに見た目がすっきりしますが、ここに色を合わせたミニモを付けて使うのも好きなので、鳩目ありのモデルは今後も廃止せず作り続けていただければ嬉しいです。(また買うかもしれないので…)
  • エルノイン
  • 2020/12/21 12:06:13
薄くて軽いのにたくさん入る
グラファイトを使用していましたが、大変気に入ったので、ブライドルレザーを追加購入しました。革の質感がグラファイトはザラザラとしていますが、ブライドルレザーは滑らかで、単なる色違いではなく、手に持った感触も違い所有感が得られます。ファスナーが引っかかって開けづらい時もありますが、長く愛用出来そうです。
  • カズ。
  • 2020/11/19 21:07:48
大変満足。
色々コンパクトな財布を使ってきましたが、ZIPを開けるだけで全てにアクセスできるのは秀逸です。

皮も綺麗で満足ですが、少し値段を上げて、ZIPをエクセラとかにしても良いと思いました。