RX1R II ボディスーツ
bs-rx1r2

SOLD OUT

商品カラー
購入数
『ソニーが誇る最高峰のスナップカメラ・RX1R II を、無造作に使いこなすためのケース。』
それが、RX1R II ボディスーツのコンセプトです。
握ろうと意識せずともしっかりと指に馴染むグリップ、装着したままバッテリーやSDカードが取り出せるフリップカバーなど、今まで培ってきたボディスーツのノウハウを、惜しみなく注ぎ込みました。
路上を愛するすべてのカメラマンに捧げます。

※RX1、RX1Rにはお使いいただけませんので、ご注意下さい。

スリムなグリップを設けました



RX1R II はグリップ部が平らで面積も狭く、やや握りにくい形状をしています。しかし、握り心地向上のために大きなグリップを設けると、レンズ鏡筒とグリップの間のスペースが、先代RX1よりもさらに3mm狭いため、指が鏡筒に当たってしまいます。
そこで、ULYSSESでは厚みが薄いグリップを開き気味の角度で取り付けました。木製芯材が入っているため、しっかりとしたグリップ感を得られ、軽い力でホールドできるようになっています。

バッテリー&SDカードの出し入れ自由



バッテリー室の位置に「フリップカバー」を設けていますので、ボディスーツを着せたままバッテリーやSDカードの出し入れが可能です。

モニターの動きを妨げません



モニターを下向きに倒した際に、モニター下端がケース底面に干渉しないよう、溝を設けました。

底面の複雑な形状には訳があります



可動式液晶モニターを下から引き起こす際の指がかりを確保するため、底面の一部に「くびれ」を設けました。

NFCによる通信を妨げません



NFCを利用したスマートフォンへの画像の転送を妨げないよう、送信機の部分をくりぬいております。

重要:グリップ側のブリッジの役割について



当ボディスーツでは、グリップ基部の強度を補うために、RX1RIIご購入時に本体に装着されている「三角リング」を利用する仕様と致しました。
ボディスーツのグリップ部側面から前方へと伸びる「ブリッジ」を、三角リングを巻き込むようにしてホックで留めることで、飛躍的に強度が向上します。従いまして、ストラップを使用しない場合でも、三角リングはつけたままでお使いいただくことを推奨します(リングを外してもお使いいただけますが、その場合はグリップが前方に動きやすくなります)。
なお、ブリッジと三角リングとの隙間は、上記の理由で意図的に狭くなるように設計しておりますので、留める際に少しきつく感じる場合がありますが、仕様であり問題ございません。

前転防止用のレンズサポーターを装備



ボディスーツを装着するとやや腰高になるため、鏡筒が前方に傾いて倒れないよう、レンズサポーターを設けました。

三脚が使えます



ボディスーツのカメラへの固定は、ネジを利用します。お手持ちのコインでネジを締めることが出来ます。
固定用のネジの中央には、さらに1/4インチのネジ穴を切ってあるので、ボディスーツをつけたまま、三脚が利用できます。

カラーバリエーション



カラーは左から順に、ブラウン、チョコレート、ネイビー、ブラックとなっております。

革の色合い・風合いには差があります


実物は写真の色合いと異なる場合があります。また材料である革の仕入れ時期や個体差により、シワ、シボ、色味、黒点の有無など、風合いが異なる場合があります。
詳細は「ULYSSES製品の革について」をご参照下さい。

ご注意下さい:「スリングショット」および「ドリット」との併用は不可



弊社の革紐ストラップ「スリングショット」や「クラシコ・ドリット」をはじめ、ストラップ先端部にリングガードが一体化しているタイプのストラップの場合、リングガードとボディスーツが干渉するため、併用できません。ご注意下さい。

主な仕様


素材:牛革、PE、金属
生産:日本製/ハンドメイド
重量:約65g
備考:この商品はポスト便には対応していません。  

SNS・ブログ